TEL

🍃腹筋を鍛えて姿勢が悪くなる?! | 美骨 美ボディ 美フォルム 日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院|東京駅・中央区・日本橋駅・八重洲

診療時間

Blog記事一覧 > ボディケアの記事一覧

🍃腹筋を鍛えて姿勢が悪くなる?!

2021.04.14 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術,話題

こんいちは。

最近は体を鍛える人が増えていますね。

男女ともに、だらしないと印象付ける体の部位として挙げられるのが「お腹まわり」です。

そこを鍛えるためには、腹筋ですよね!

しかし腹筋ばかり行なっていると、体の前面(お腹側)の筋力が増し、裏面である背筋とのバランスが崩れてしまいます。

**バランスが崩れると何が起こり得るのか?**

1、お腹がへこみ、背中が丸まる。

2、腰、背中が疲れて真っ直ぐ座っていられない。

3、身体を反ると痛い。

***********************

1、腹筋の作用は、背骨を前に曲げてお腹の圧を強くすること。

2、背筋の作用は、背骨を後ろに曲げて身体を反らすこと。

この2つは相反する動きをするので、引っ張り合って姿勢を保っています。

では、どうすればいいのか。

お腹も背中も鍛えなければならないのです!

まずは上体を反らす動きで背筋を鍛えましょう。

もし痛くて上半身を反らせない場合は、治療をおすすめします。放っておくとより硬くなり、悪化する恐れがあります。

治療としては、電気療法やお灸を使ってじんわり温める治療法があります。

この症状に思い当たる方、一度お問い合わせください。

正しい身体の作り方やトレーニング法などアドバイスもいたします。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃猫背による息苦しさとは。

2021.04.05 | Category: ボディケア,骨盤矯正

こんにちは。

気が付けば背中が丸まって猫背が強くなってはいませんか?

姿勢が悪いことは肩こり・腰痛をひどくするだけではなく深く呼吸をすることが出来なくなってしまいます。

普段、意識することなく呼吸をしていますが少し意識して息を吸ってみると猫背の時は息がしにくいことに気付けるはずです。

***なぜ息がしにくくなるのでしょうか?***

答えは。

肋骨の動きです。日常生活で行っている呼吸は胸式呼吸といいますがこの呼吸は肋骨が上下に動くことで息を吸ったり吐いたりしています。吸うときは肋骨が上に吐くときは肋骨が下に動きます。

背中が丸まってしまうと上下に動くスペースが減ってしまい十分に肺に空気が入らない浅い呼吸になってしまいます。

動機や息切れなどの症状が出る「隠れ酸欠」を感じる人が増えている原因は猫背にあると思います。

***セルフケアとしては***

手を後ろで組んで少し下に引き下げながら胸を張った状態でゆっくりと鼻から息を吸い口から吐く呼吸を5~10回繰り返す。

これを朝に行っていただきたいです。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当院では、深層筋ボディメイク+美矯正60分で姿勢を矯正しながら体幹の表面から深部の筋肉まで動かして呼吸を楽にしましょう。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

お出かけ後の足のだるさ

2021.03.10 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。鍼灸師の石住です。

最近は、頻繁に外出しづらくなりましたが、中には気晴らしにドライブや散歩など、

お出かけされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

久しぶりに車での移動や、長い時間歩くと次の日も疲れが抜けなかったりしませんか?

股関節を曲げてる時間、回数が多いことや筋肉の疲れなど、大きい血管を圧迫して血の巡りを悪くします。

足のむくみや腰痛の原因になることもあります。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当院では。

血管を圧迫してしまってる筋肉を緩めるために、マッサージだけでなく医療機器やはりきゅうを使用して治療できます。

まずはマッサージだけでもお受けいただいて、身体の状態を知る事も一つの手かと思います。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄足の裏が平らになっているイメージ。。。「扁平足」

2021.02.25 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。

今回は、扁平足についてご説明します。

 

扁平足については皆さん足の裏が平らになっているイメージはあると思います。

今回はもう一歩踏み込んで少し詳しい知識を身につけましょう。

足の裏には3つのアーチがあります。内・外側の縦のアーチと横のアーチです。このうちの内側の縦アーチがなくなり立っているときに足の裏全体が地面についている状態を扁平足と呼びます。子供の時は足の靭帯がゆるいので立っているときは土踏まずが潰れていて寝ているときは土踏まずが出てくることが結構あります。この場合は成長とともに偏平足は消えていくことが多いです。

大人の偏平足は元々あった土踏まずが消失し足関節の変形が見られ内くるぶしの辺りに痛みが出たりします。子供の偏平足と違い足の筋力不足から起こります。

後脛骨筋という筋肉の筋力低下が偏平足に強く関係しているといわれています。この筋肉が年齢とともに低下して偏平足が始まってしまうと足が外側に変形し後ろから見ると足首がくの字型に曲がっている様子が見られます。このような変形があると内側にかかるストレスが高まるので内くるぶしから親指の方にかけて痛む場所が出てきます。

また、扁平足の方は外反母趾になりやすく腰痛のリスクも上がるので予防と早めの対応が大切です。

椅子に座った状態でタオルを指で引き寄せたり、タオルを指でつまんだまま左右に動かすトレーニングをしていただきたいです。トレーニングが終わったらゴルフボールを足の裏で転がしてセルフマッサージもいいです。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当店では。

後脛骨筋だけでなく足の筋肉全体を動かせる状態にボディマッサージ+温熱術 45分がおすすめです。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

⛄PMSって何?

2021.02.15 | Category: ボディケア,施術,美容鍼

こんにちは。矢吹です。

今回は月経前症候群(PMS)についてご説明します。
PMSは月経前の3~10日前に起こり月経開始とともに消える身体的・精神的症状をまとめたものです。20代30代に多く、8割の女性が体験したことがあるようです。
原因ははっきりとは分かっていませんが、ホルモンの影響や神経伝達物質の影響が強いとされています。
身体的な症状としては下腹痛、腰痛、頭痛、関節痛などの痛みの症状や食欲が旺盛になったり便秘、下痢などの消化器症状、肌荒れ、ニキビ、不眠、めまい、むくみ等々の様々な症状が現れます。
精神的な症状は気分が落ち込む、無気力感、孤独感、疲れやすさなどのうつ症状や判断力集中力の低下、攻撃的な気分、涙もろいなど精神的な症状も様々な症状が現れます。
これらの症状は単独で現れることが珍しくほとんどの方が複数の症状に悩まされています。
さらにストレス、免疫力の低下、体力の低下、飲酒、喫煙などで症状が重くなりますから生活のリズムを保つことは非常に大切です。
軽い有酸素運動(ウォーキング、ヨガなど)やストレッチ、半身浴をすると症状が軽くなるので習慣化できるといいです。
カフェインは症状を悪化させるのでなるべく控えましょう。
ビタミンやミネラルの摂取が推奨されているのでマグネシウム、カルシウム、ビタミンB6は積極的に取りましょう。
◇マグネシウム: アーモンドをはじめとする種実類、魚介類、藻類、野菜類、豆類
◇カルシウム:牛乳、小魚、海藻類、大豆、大豆製品、緑黄色野菜
◇ビタミンB6:かつお、マグロなどの魚類、レバー、バナナ
**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*
当院では。
辛いPMSの症状を緩和して体質から変えていく鍼灸治療がおすすめです。
******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄夜中に、朝方に、運動中に・・・と、足がつる!?

2021.02.09 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。

今回は足がつる原因についてご説明します。
夜中に、朝方に、運動中に・・・と、足がつってしまった経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか
突然ふくらはぎが痛くなる瞬間にいったい何が起こっているのでしょう。
主に足の筋肉で起こるのですが、けいれんして強く収縮している状態です。
では、何故筋肉がけいれんし収縮してしまうのか。原因は?
実のところ原因自体ははっきりとは分かっていません!
なので原因として有力なものをあげていきます。
1.筋肉の疲労・冷え、むくみ 血行不良、循環が悪い状態
2.脱水 寝ている間も汗をかいているので気づかないうちに脱水状態になっている
3.ミネラル不足 筋肉が動くにはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが必要
4.筋力低下 年々つりやすくなっている方は足がつる原因の有力候補です
**1~4の対策としては**
1.筋肉の疲労 運動したりよく歩いたり足を使った日はアキレス腱伸ばしをしたりケアをしてから寝る
2.冷え、むくみ とにかく冷やさない。有酸素運動を行って血行回復
3.脱水 寝る前に一杯水を飲んでから寝る
4.ミネラル不足 特に夏場は汗と一緒に体から出て行ってしまうのでしっかりと摂取
5.筋力の低下 スクワット、タオルギャザー(足の指でタオルを引き寄せるトレーニング)などのトレーニングで筋力維持
**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*
当店では、
美整体+温熱術 45分コース

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄緊張型頭痛って何?

2021.02.05 | Category: ボディケア,施術

こんにちは。

頭痛があって病院に行き色々な検査をして緊張型頭痛と言われた方いらっしゃいました。

緊張型頭痛と言われてもどういう状態なのか?

まず、安心していただきたいのが病院で緊張型頭痛と診断されたのであれば脳の血管などの問題は排除できるところです。

次に何が原因で頭痛が起きているかなのですが、緊張型と言うからには緊張しているものがあるわけなんです。それは筋肉と精神です。

筋肉の緊張は長時間の同一姿勢や姿勢の悪化。デスクワークやスマホの操作などで筋肉がこってしまった状態です。

精神の緊張はストレス。不安やうつなどでは痛みを感じやすい状態になっています。

首から背中にかけてこってるなと感じている。ストレスで疲労を感じている方で頭を締め付けられるような頭痛を感じている場合は緊張型頭痛の可能性が高いです。

緊張型頭痛は反復性と慢性緊張型に分けられます。

 

「反復型は時々痛みが出るタイプ」

反復型は筋肉の緊張から血行不良が起こり痛みを出していると考えられています。

 

「慢性緊張型はほぼ毎日痛みが出るタイプ」

慢性緊張型頭痛は更にストレスにより脳が痛みを感じる・作り出しているのではないかと言われています。

 

◇日常での対策法では◇

① 血行を良くするために入浴すること

② 定期的なマッサージなど受けること

③ 軽い運動や体操をこまめに行うこと

**----** **----****----** **----**

当店では。

②のお手伝いをさせていただきます!

首のまわりの筋肉をほぐすだけでなく頭の筋肉も一緒にほぐして効果を高める

ヘッド&ボディマッサージ 60分やロングコースで身体全体をゆっくりほぐす90分があります。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

⛄冬のスノーボード股関節の痛み

2021.01.25 | Category: ボディケア,季節

こんにちは。

冬のスノーボードは、ボードを掴むのに足の筋肉をめちゃくちゃ使います。

重心を変えて身体を支えたり、瞬発的に力を入れたりととてもハードな運動ですよね。

そこで特に負担が大きいのが股関節周りの筋肉です!

常にバランスを保つ為に、軽く股関節が曲がって中腰に似たような体勢なので、かなりももの筋肉使ってます。

 

◀▶股関節周りが痛む場合◀▶

前のももの筋肉が収縮(短く)して固まっている。

おしりの筋肉も固まって骨盤をロックしている。

前のももの筋肉が通常よりも短い状態なので、股関節を曲げようとしてもそれ以上収縮(短く)できないので、痛みや詰まりを感じるのです。

**----** **----****----** **----**

当店での改善法は、、

まず、前、後ろのももの筋肉をストレッチして伸ばします。

基本的に筋肉が硬い場合は温めて筋膜をほぐしてからストレッチをしていきます。

そして前だけでなく、後ろの筋肉も身体を支える為に収縮(短く)してますから、前後ろともに伸ばします。

温めも筋膜の弛みも、鍼とお灸で改善も良いんではないでしょうか。

☆全身美整体&マッサージ 60分

はりきゅう+ボディマッサージ 60分

*********************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

食いしばりから起こる…「肩こり」

2021.01.20 | Category: ボディケア,施術

こんにちは。

今日は突然ですが、リラックスした状態の時に。

歯が嚙み合わさっている?

歯と歯が触れ合っていない?

正解は。。

歯と歯が触れ合っていない!

どういう事?

脱力、リラックスしている時は離れているのが通常なのです。

合わさっていると顎の筋肉が固まってしまってる場合があります。

その筋肉が固まっていると、今度は首の筋肉を引っ張って硬くしていきます。

すると首には肩や腕の筋肉を動かすための神経がたくさん存在していますので、

その神経を圧迫してしまうと、電気信号が通りにくくなり、十分に筋肉を動かすことができなくなって「肩こり」になってきます。

 

▷食いしばりの原因は何か?◁

ストレス。

片方だけで食べ物を食べる。

ストレスを解消する為。

食いしばりとストレスは切っても切れない関係ですね。

しかし、今あるストレスを解消する為に食いしばりが起こるのはなぜでしょう。

それは唾液腺から唾液を分泌させるためだと考えています。

ご飯を食べている時はリラックスしてる状態なので、それに似た環境を無意識に作っているのではないかと思います。

 

◇対策法としては◇

咬筋と言う顎の筋肉をマッサージ。

② ストレスを発散できる何かをする。

舌の広い面を上顎にくっつける。

常にグーッと硬くしているので、とにかく歯を合わせずに夢中になれることをするのが、食いしばりの進行を早めなくて良いと思います。

**----** **----****----** **----**

当院では。。

鍼と電気を使って、ガチガチに固まった顎の筋肉をアプローチします。

鍼が苦手だったり、嫌な方は超音波という機械も使用してアプローチできます。

長年悩んでいる肩こりも顎の筋肉が原因かもしれません。

一度、ご相談ください。

美容鍼 60分 7500円

☆フェイシャルビューピー 30分 4800円

*********************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄ふくらはぎから・・「肩こり改善」!

2021.01.07 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。矢吹です。

今回は、寒くなると「肩こりがひどくなった」という患者様が増えて来ています。

寒いという感覚によって体内では、ふるえ産熱という小刻みに筋肉を震わせて熱を作っているのですが、動きとしてはとても小さい動きになります。

そのため、体内の循環を促すことにはつながりません。(=運動には、ならない)

それどころか、寒いという感覚の方が強すぎて身体を大きく動かすことをせずにじっとしてしまう事が多いと思います。

 

▷寒さから肩こりの原因◁

① 首周りが寒くて肩をすくめている

② 着込んでいて、身体の動きが小さくなっている

③ 1日を通して運動不足になっている

④ シャワーで済ませていて湯船に浸かることが少ない

⑤ ふくらはぎが硬い

 

★改善策として★

①~④は私生活で心掛けることで改善できるでしょう。

⑤のふくらはぎが硬いことの改善策をご説明します。

ふくらはぎは、第二の心臓として知られてきています。

寒い時はふくらはぎを動かしてあげることで、首、肩にかかる負担を足で吸収できるようになります。

また、血液ポンプの循環で体内の温かい血液を循環させられるので、身体を温めることにつながります。

より寒さが増すこれからの時期、肩こり改善の為にも、ふくらはぎをよく動かしましょう!

**----** **----****----** **----**

当店では。

足の痺れ・冷え・むくみでお悩みの方へ集中的にアプローチする下半身ボディマッサージをオススメします。お悩みで多いのが女性の方です。根本的なところから丁寧に改善していきますのでお任せください◎

【足の痺れ・冷え・むくみでお悩みの方】美整体+美矯正 45分 ¥4460

【首肩こりが辛くてお悩みの方】美整体+美骨矯正 60分 ¥5700