TEL

🍃リュックサックによる肩こり。。。矢吹先生のコラム | 美骨 美ボディ 美フォルム 日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院|東京駅・中央区・日本橋駅・八重洲

診療時間

Blog記事一覧 > ボディケアの記事一覧

🍃リュックサックによる肩こり。。。矢吹先生のコラム

2021.07.02 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア

こんにちは。7月になるのも早いですね。

1日遅れましたが、今月もよろしくお願いします。

 

夏になると、最近ではキャンプや登山、ハイキングなどが人気ですね。

ちょっとリュックサックにまつわる話をしたいと思います。

一般的には、リュックサックは、肩こりの方には、良いとされていますが、いくつかポイントがあることは、知っていますか?

リュックサックは、両手が空いて多少重いものも入れられたりしてとても便利なものとされています。

 

***リュックサックのどんな点が?***

 

肩ひもの長さが長い

荷物が重い

肩ひもを前で止められない

紐が細い

 

***リュックサックの正しい背負い方は***

肩ひもを短めにして、背中にフィットするようにしましょう。

お尻に荷物がぶつかると歩くたびに荷物が動き、肩への負担になります。

 

荷物は、重さの分だけ肩にかかる負担は、大きくなります。なるべく軽くしましょう。

沢山入るからといって重くしたら意味がありません。重い場合は、カートにしましょう

 

リュックサックは、前で2本の肩紐を止められるベルト付きを選びましょう。

肩ひもが滑り落ちないように便利な細工がされています。巻き肩の方、なで肩の方、肩ひもが滑り落ちないように無意識に肩をすくめてしまっていることが多々あります。肩こりの大きな原因となります。

 

せっかく便利なものなのに、その便利さを最大限に活かせてないことも多いので、是非、再確認してみてください。

 

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃四十肩、五十肩にならない為に。。矢吹先生のコラム

2021.06.21 | Category: ボディケア,話題

こんにちは。

映画るろうに剣心最終章にどはまりしています矢吹でございます。5回ほど劇場に。。

映画とはまったく関係はありませんが。。今回は。

「四十肩、五十肩にならない為に。。。」

周りに肩が痛い、腕が上がらない、夜中も痛くて眠れないという話を耳にしてそうなりたくないなぁと思っている方も多いと思います。

そもそも四十肩、五十肩は、年齢が40代、50代に多く発生するからという理由づけてあることも周知されています。

そこで四十肩、五十肩にならない為には、どうしたら良いのか。

特に、自覚のある方は、注意が必要です!

 

•筋肉が硬い人

•生活の中で身体を動かすことが少ない人

•低体温の人

•手や腕をよく使う日々を送っている人

•肉体労働の人

•常に疲労感のある人

 

原因は、循環不良、体内血液量低下、免疫力低下が挙げられ、治癒力低下と柔軟性低下となるからです。

 

対策としては、肩関節は、360度動く関節なので、多少後ろにも動かせたりすることが理想となります。

特に肩甲骨の動きは、自分ではわからないものですが、上下左右に本来、動かせるものなのです

可動域は、急に良くなることはないので、動かすポイントや強度を調節して無理のないようにやっていけると良いと思います

========================

肩甲骨はがしを取り入れたマッサージ60分+電気

========================

【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃セルフで除湿。。 谷田貝先生のコラム

2021.06.12 | Category: ボディケア,季節

 こんいちは。

ジメジメすることで、身体がダルくなり、朝から脚が重い等の不調ありませんか?

今回は自分で出来るダルさ解消のツボをお伝えします。
その1: 三陰交(さんいんこう)
内くるぶしから指4本(人差し指〜小指まで)分上の骨の後ろ。触ると凹みを感じられることもあります。この場所を痛気持ち良いくらいの強さで押してください。
==============================================================
その2: 陰陵泉(いんりょうせん)
上記の三陰交からそのまま骨の後ろ沿いに膝の方まで指を滑らせていきましょう。指が止まる場所、膝下くらいの高さで骨のカーブにぶつかるところがあると思います。そこが陰陵泉です。むくみが強い人はなかなか痛いと思います。
==============================================================
この2箇所を押してあげるだけでもダルさはかなり改善されると思います。朝出掛ける前やお昼休み、寝る前等いつでも手軽に取り入れてみてください。
それでも解消されない時は全身マッサージをして循環を良くしてあげたり、上記のツボに置き鍼をしてあげたりするのがオススメです。
*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃気圧の変化による体調不良。。石住先生のコラム

2021.06.01 | Category: ヘッドスパ,ボディケア,季節,美容鍼

こんいちは。6月スタートしました!よろしくお願いします。

季節の変わり目に体調不良を起こすことを最近「気象病」と呼ぶようになりました。

原因としては、自律神経の失調です。

自律神経は常に身体を正常に保つために、血管から内臓まで調節を行います。その際、外界からの過度な変化に対応しきれず過剰に自律神経が働くことで、さまざまな不調を引き起こします。

特に多いのが頭痛です。

 

一つは、今の時期だと汗をかかず水分を体内に留めてしまうので、血管が拡張して神経を圧迫させてしまい痛みを引き起こすことが多い「偏頭痛」

もう一つは、長時間同じ姿勢でいることで筋肉が固まり血行不良を起こし、筋肉内に疲労物質が溜まることで周りの神経に圧がかかって起こる「緊張型頭痛」

 

マッサージで改善が見込まれるのは、「緊張型頭痛」の方です。

筋肉をほぐして血流を改善することで和らいでいきます。

偏頭痛の場合は、一度血管を収縮させなければならないので、冷やすかコーヒーなどでカフェインを摂取するのが得策だと思います。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*

当店のメニューでは、60分のマッサージやヘッドマッサージを推奨します。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃デスクワーカーのお悩みナンバーワンの肩こり。。山田先生のコラム

2021.05.07 | Category: ボディケア,施術

こんにちは。山田でございます。

今回は肩こりに関係している姿勢のまき肩に非常に関係が深い小胸筋の説明をさせていただきます。

胸の筋肉として有名なのが大胸筋ですね。人間の胸部を全体的に覆っていて胸板の厚い人がピクピクさせるあの筋肉です。対して小胸筋はその名の通り小さい筋肉です。しかも大胸筋に隠れているインナーマッスルなので表面から視認することはできません。

これが小胸筋と大胸筋です。小胸筋は肋骨(第3~第5)と肩甲骨(烏口突起)に付いているのが見て取れると思います。働きとしては肩甲骨の外側を下に引く←これが猫背に関係します。同時に肋骨を引き上げる←肋骨を引き上げる動作は吸気に関係してきます。

つまり小胸筋が硬くなるとまき肩になり、息が吸いにくくなるということです。なにも良いことはないですね。

さらに神経や動脈の通り道でもあるので硬くなりそれらを圧迫しはじめるとしびれたり冷たくなったりだるさがでたりします。(胸郭出口症候群)

洗濯物を干すときや電車のつり革を掴んでいるときなどの手を上に挙げている状態の維持が難しくなります。上に挙げていると腕がしびれたりだるさがでてきて挙げていられなくなります。

簡単なテストとしては腕を外に開いて手をグーパーと開いたり閉じたりする動作を3分間(ルーステスト)できれば一応問題ないです。逆に3分できない場合は重症です。

 

セルフケアとしてはストレッチもおすすめですが、テニスボールでぐりぐり刺激するのもオススメです!

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

 

 

🍃新生活で体がだるい。。

2021.04.23 | Category: ヘッドスパ,ボディケア

こんにちは。

四月は新生活が始まる時期ですね。入学、入社などで今までの生活リズムがガラッと変わってしまう人も多いと思います。

そんな四月に気を付けていただきたいのがストレス症状。痛みや痺れなどの強い症状ではないのですが、食欲不振や吐き気などの胃腸の症状、疲労感やだるさといった体の症状が出やすいです。そういったプチ不調がある場合はストレス症状を疑ってください。

3月から4月のストレスの原因としては環境の急激な変化、天候不順で体への負担が大きい。そんなストレスの影響で自律神経が乱れて消化器や体の症状が出てきます。

体調不良はストレスと自律神経の乱れからくるものなので対策をして春バテを乗り切りましょう。

***ストレス対策としては***

・生活リズムを整える

・休息はしっかりと取る

・趣味に没頭してみる

など基本的には休みと好きなことをすることでストレスを軽減しましょう。

 

***自律神経の乱れ対策としては***

・朝日を浴びて体内時計をリセット

・ウォーキングやストレッチなどの軽い運動

・寝る前に温めのお風呂に入る

自律神経は血行を促進して体の緊張をとると整いやすいので血液循環を良くしましょう。

 

****************************************

せっかくの新生活のスタートで体調不良は勿体ない。

しっかりと対策をして乗り切りましょう。

当店のメニューでお勧めは深層筋までしっかりアプローチして緊張緩和・血行促進できるボディメイクです。

最近、今一調子が出ない方は一度受けてみてください。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃腹筋を鍛えて姿勢が悪くなる?!

2021.04.14 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術,話題

こんいちは。

最近は体を鍛える人が増えていますね。

男女ともに、だらしないと印象付ける体の部位として挙げられるのが「お腹まわり」です。

そこを鍛えるためには、腹筋ですよね!

しかし腹筋ばかり行なっていると、体の前面(お腹側)の筋力が増し、裏面である背筋とのバランスが崩れてしまいます。

**バランスが崩れると何が起こり得るのか?**

1、お腹がへこみ、背中が丸まる。

2、腰、背中が疲れて真っ直ぐ座っていられない。

3、身体を反ると痛い。

***********************

1、腹筋の作用は、背骨を前に曲げてお腹の圧を強くすること。

2、背筋の作用は、背骨を後ろに曲げて身体を反らすこと。

この2つは相反する動きをするので、引っ張り合って姿勢を保っています。

では、どうすればいいのか。

お腹も背中も鍛えなければならないのです!

まずは上体を反らす動きで背筋を鍛えましょう。

もし痛くて上半身を反らせない場合は、治療をおすすめします。放っておくとより硬くなり、悪化する恐れがあります。

治療としては、電気療法やお灸を使ってじんわり温める治療法があります。

この症状に思い当たる方、一度お問い合わせください。

正しい身体の作り方やトレーニング法などアドバイスもいたします。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃猫背による息苦しさとは。

2021.04.05 | Category: ボディケア,骨盤矯正

こんにちは。

気が付けば背中が丸まって猫背が強くなってはいませんか?

姿勢が悪いことは肩こり・腰痛をひどくするだけではなく深く呼吸をすることが出来なくなってしまいます。

普段、意識することなく呼吸をしていますが少し意識して息を吸ってみると猫背の時は息がしにくいことに気付けるはずです。

***なぜ息がしにくくなるのでしょうか?***

答えは。

肋骨の動きです。日常生活で行っている呼吸は胸式呼吸といいますがこの呼吸は肋骨が上下に動くことで息を吸ったり吐いたりしています。吸うときは肋骨が上に吐くときは肋骨が下に動きます。

背中が丸まってしまうと上下に動くスペースが減ってしまい十分に肺に空気が入らない浅い呼吸になってしまいます。

動機や息切れなどの症状が出る「隠れ酸欠」を感じる人が増えている原因は猫背にあると思います。

***セルフケアとしては***

手を後ろで組んで少し下に引き下げながら胸を張った状態でゆっくりと鼻から息を吸い口から吐く呼吸を5~10回繰り返す。

これを朝に行っていただきたいです。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当院では、深層筋ボディメイク+美矯正60分で姿勢を矯正しながら体幹の表面から深部の筋肉まで動かして呼吸を楽にしましょう。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

お出かけ後の足のだるさ

2021.03.10 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。鍼灸師の石住です。

最近は、頻繁に外出しづらくなりましたが、中には気晴らしにドライブや散歩など、

お出かけされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

久しぶりに車での移動や、長い時間歩くと次の日も疲れが抜けなかったりしませんか?

股関節を曲げてる時間、回数が多いことや筋肉の疲れなど、大きい血管を圧迫して血の巡りを悪くします。

足のむくみや腰痛の原因になることもあります。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当院では。

血管を圧迫してしまってる筋肉を緩めるために、マッサージだけでなく医療機器やはりきゅうを使用して治療できます。

まずはマッサージだけでもお受けいただいて、身体の状態を知る事も一つの手かと思います。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄足の裏が平らになっているイメージ。。。「扁平足」

2021.02.25 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。

今回は、扁平足についてご説明します。

 

扁平足については皆さん足の裏が平らになっているイメージはあると思います。

今回はもう一歩踏み込んで少し詳しい知識を身につけましょう。

足の裏には3つのアーチがあります。内・外側の縦のアーチと横のアーチです。このうちの内側の縦アーチがなくなり立っているときに足の裏全体が地面についている状態を扁平足と呼びます。子供の時は足の靭帯がゆるいので立っているときは土踏まずが潰れていて寝ているときは土踏まずが出てくることが結構あります。この場合は成長とともに偏平足は消えていくことが多いです。

大人の偏平足は元々あった土踏まずが消失し足関節の変形が見られ内くるぶしの辺りに痛みが出たりします。子供の偏平足と違い足の筋力不足から起こります。

後脛骨筋という筋肉の筋力低下が偏平足に強く関係しているといわれています。この筋肉が年齢とともに低下して偏平足が始まってしまうと足が外側に変形し後ろから見ると足首がくの字型に曲がっている様子が見られます。このような変形があると内側にかかるストレスが高まるので内くるぶしから親指の方にかけて痛む場所が出てきます。

また、扁平足の方は外反母趾になりやすく腰痛のリスクも上がるので予防と早めの対応が大切です。

椅子に座った状態でタオルを指で引き寄せたり、タオルを指でつまんだまま左右に動かすトレーニングをしていただきたいです。トレーニングが終わったらゴルフボールを足の裏で転がしてセルフマッサージもいいです。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当店では。

後脛骨筋だけでなく足の筋肉全体を動かせる状態にボディマッサージ+温熱術 45分がおすすめです。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020