TEL

🍃最近お悩みが多い四十肩とは。。 | 美骨 美ボディ 美フォルム 日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院|東京駅・中央区・日本橋駅・八重洲

診療時間

Blog記事一覧 > ボディケアの記事一覧

🍃最近お悩みが多い四十肩とは。。

2021.10.15 | Category: ボディケア,話題

こんにちは。

今回は、最近の来院される方や身近で多くなっている、い肩の痛み四十肩」について書いていこうと思います。

この四十肩という呼び方は実は俗称で40代、50代に多く発生するのでそう呼ばれています。

それじゃあ本当は何て呼ぶのかと問われるとピッタリの名前がないので病院の先生も四十肩と説明すると思います。

広い意味合いで呼ぶのであれば肩関節周囲炎が一番ピッタリなんですが名前の通り肩関節の周辺(例えば筋肉や関節包など)に炎症があれば当てはまってしまうので本当にざっくりとした呼び方です。

なぜ肩に炎症が起きて痛みが出るのか原因はまだはっきりとは分かっていません。

好発年齢から加齢による肩関節周辺の組織の柔軟性が低下することでスムーズな動きが阻害されて炎症が起きてしまうともいわれます。

症状としては痛みで腕を上げられない、服の着脱ができない、腕が後ろに回らないなどの動作痛があります。痛みが一番強い時には動かしていない静止時にもズキズキ痛むこともあります。四十肩で特徴的なのは朝晩に痛みが強く出る夜間痛です。夜間痛は仰向けで寝る時に腕や肩の下にタオルなどを敷いて少し高くすると痛みが和らぐことが多いです。

痛みの時期は急性期、慢性期、回復期に分かれています。急性期は一番痛い時期です。2週~1ヶ月ほど続くと言われます。炎症が広がっていく期間なので強い痛みが続きます。急性期は強い痛みが続くので、まずは痛みを抑える治療を受けてください。

慢性期は痛みが落ち着いてくるけれど関節の拘縮が起きてきます。半年~1年ほど続くと言われます。急性期のような強い痛みを感じることは減ってきますが、肩が上がらない、後ろのものを取ろうとすると痛むなど、動きの悪さと痛みが出るパターンが出てくる時期です。慢性期には痛みを抑えると共に関節の可動範囲を維持するような治療をします。

回復期は痛みがなくなり関節の拘縮も減ってく時期です。慢性期以上に関節を動かすことで可動範囲を広げて動かせないといった後遺症が残らないようにしましょう。この時期にリハビリをさぼってしまうと拘縮が残ってしまう可能性があります。

四十肩は放置しておけば勝手に治ると思っていらっしゃる方が非常に多いですが、時機を見て適切な治療をしていかないと痛みが長引いたり動かないままになってしまう可能性があります。しっかりと治療して早く痛みから解放されましょう。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

🍃ランニングや歩きすぎによる足首の痛み。。石住先生のコラム

2021.09.24 | Category: ボディケア

==歩き始めや足首を挙げる動作をした時に、外くるぶしより少し前のあたりが痛くなる方へ。==

原因は!!

スネの外側の筋肉を使いすぎ、もしくは意識して動かせていない場合が多いです。

そこの筋肉は足首を挙げるメインの筋肉ですが、使いすぎることで固まって挙げづらくなります。

するとサブで動かす筋肉に負担がかかります。そのサブの筋肉があるのが外くるぶしの前あたりなんです。

使いすぎの方は、マッサージやストレッチ、鍼、灸などを用いて筋肉を柔らかく。

意識的に使いづらい方は、上記の他に抵抗を加えた運動を継続させて意識して動かせるようにする必要があります。

 

***当院では***

30分下半身のメニューから60分全身みっちりお悩みの部位を改善できるようなメニューまでご用意いたしております。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃腕がだるくなる方へ。。矢吹先生のコラム

2021.09.08 | Category: ボディケア,季節

こんにちは。夏も終わってしまいましたね。。

でも季節的には、運動などしやすい時期ですので、今回は「ウォーキング」をテーマにしたいと思います。

 

ウォーキング中、腕が重だるくなることは、ありませんか?

仕事帰りに1駅、2駅前で下車して歩く方や、朝は暑いので電車で通勤し、帰りは陽が沈んでいるので歩いて帰るという方がいらっしゃいます

 

***そんな方からのお悩み***

荷物を下げている方の腕がどんどん重だるくなってくるので、途中で荷物を持ち替えて、重だるい方の肩をぐるぐる回すそうです。

なぜそんな事が起こるのか。

鎖骨周辺のところで腕への神経が圧迫あるいは引っ張られることにより腕がだるくなったり重くなったりする症状が出るのです。

この症状は、腕を下げているまたは、逆にあげている(洗濯物を干す時など)時に起こることが多いです。

 

***対策としては***

肩甲骨の動きを良くする

大胸筋のストレッチをする

鎖骨周辺の筋肉をほぐす

(鎖骨周辺へのアプローチは、専門の知識がないと痛める危険があるので気をつけましょう)

症状が長期間続いてる方の多くは肩こりや首こりも併発していることが多いので、治療も長期化することがありますが、根気強く治療していくことをおすすめします。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃マッサージと筋膜リリースの違い。。石住先生のコラム

2021.08.17 | Category: ボディケア

最近よく耳にするようになった「筋膜剥がし」や「筋膜リリース」

マッサージとは別物になります。

 

マッサージはご存知の通り、筋肉を押したり揉んだりすることです。

 

**筋膜リリースとは**

筋肉をまとっている膜状の繊維を緩めることを指します。

それが緩むことで筋肉が拘束されず解放されるので、痛みや関節の可動域が改善します。

 

マッサージでもある程度の緩まりを感じますが、翌日には戻ってしまったり、揉み返してさらに硬くなってしまったりすることがあります。反対に筋膜リリースは適切な力を与えてゆっくり緩めるので、より長く効果を実感できます。

 

デスクワークや日頃の運動で使った筋肉をそのままにしておかず、このようなケアをして身体を良い状態にしておくと怪我のリスク低くなりますし、毎日が快適に過ごせるかと思います。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*

【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

🌞ウォーキングでモモ裏と前モモどっちが疲れますか?

2021.08.02 | Category: ボディケア,話題

こんにちは。

8月もスタートしました!

オリンピックも終盤になってきました。日本の選手たちのからは感動させられています!

 

そんな、スポーツやトレーニングでこんなことってないですか?

***ウォーキングをしていて、モモ裏や前モモに張りを感じることはありませんか?***

 

▶原因があるんです!

モモ裏に感じる場合、主に地面を蹴ることが強く働いていることが多いのです。

逆に前モモに感じる場合は、接地する足の衝撃吸収に働いていることが多いのです。

 

▶対策もあるんです!

ウォーキングをしていて、モモ裏が張ってしまう方は、特に歩幅が小さいことから、蹴ることが優位になっていることが多いためなるべく歩幅を大きくとることを意識するようにしましょう。

前モモに感じる方は、足接地時の衝撃がやや強いのかもしれません。なるべく踵からつま先にスムーズに体重移動ができるように意識しながら行いましょう。踵接地が強いと踵の故障や膝の故障につながりやすいので、特に気をつけてください。

またウォーキングで、一万歩以上歩いている場合は、入念なストレッチをしている方を除き、大多数の方は、メンテナンスを必要とする身体になっている事が多いです。

というのは、筋肉が硬くなり無理矢理、運動している状態なので、とても疲れやすく怪我をしやすくなります。

身体に負担なく、より効率よくウォーキングを継続するためには、入念なストレッチやマッサージ、メンテナンスが必要となります。

 

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*

【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃リュックサックによる肩こり。。。矢吹先生のコラム

2021.07.02 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア

こんにちは。7月になるのも早いですね。

1日遅れましたが、今月もよろしくお願いします。

 

夏になると、最近ではキャンプや登山、ハイキングなどが人気ですね。

ちょっとリュックサックにまつわる話をしたいと思います。

一般的には、リュックサックは、肩こりの方には、良いとされていますが、いくつかポイントがあることは、知っていますか?

リュックサックは、両手が空いて多少重いものも入れられたりしてとても便利なものとされています。

 

***リュックサックのどんな点が?***

 

肩ひもの長さが長い

荷物が重い

肩ひもを前で止められない

紐が細い

 

***リュックサックの正しい背負い方は***

肩ひもを短めにして、背中にフィットするようにしましょう。

お尻に荷物がぶつかると歩くたびに荷物が動き、肩への負担になります。

 

荷物は、重さの分だけ肩にかかる負担は、大きくなります。なるべく軽くしましょう。

沢山入るからといって重くしたら意味がありません。重い場合は、カートにしましょう

 

リュックサックは、前で2本の肩紐を止められるベルト付きを選びましょう。

肩ひもが滑り落ちないように便利な細工がされています。巻き肩の方、なで肩の方、肩ひもが滑り落ちないように無意識に肩をすくめてしまっていることが多々あります。肩こりの大きな原因となります。

 

せっかく便利なものなのに、その便利さを最大限に活かせてないことも多いので、是非、再確認してみてください。

 

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃四十肩、五十肩にならない為に。。矢吹先生のコラム

2021.06.21 | Category: ボディケア,話題

こんにちは。

映画るろうに剣心最終章にどはまりしています矢吹でございます。5回ほど劇場に。。

映画とはまったく関係はありませんが。。今回は。

「四十肩、五十肩にならない為に。。。」

周りに肩が痛い、腕が上がらない、夜中も痛くて眠れないという話を耳にしてそうなりたくないなぁと思っている方も多いと思います。

そもそも四十肩、五十肩は、年齢が40代、50代に多く発生するからという理由づけてあることも周知されています。

そこで四十肩、五十肩にならない為には、どうしたら良いのか。

特に、自覚のある方は、注意が必要です!

 

•筋肉が硬い人

•生活の中で身体を動かすことが少ない人

•低体温の人

•手や腕をよく使う日々を送っている人

•肉体労働の人

•常に疲労感のある人

 

原因は、循環不良、体内血液量低下、免疫力低下が挙げられ、治癒力低下と柔軟性低下となるからです。

 

対策としては、肩関節は、360度動く関節なので、多少後ろにも動かせたりすることが理想となります。

特に肩甲骨の動きは、自分ではわからないものですが、上下左右に本来、動かせるものなのです

可動域は、急に良くなることはないので、動かすポイントや強度を調節して無理のないようにやっていけると良いと思います

========================

肩甲骨はがしを取り入れたマッサージ60分+電気

========================

【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃セルフで除湿。。 谷田貝先生のコラム

2021.06.12 | Category: ボディケア,季節

 こんいちは。

ジメジメすることで、身体がダルくなり、朝から脚が重い等の不調ありませんか?

今回は自分で出来るダルさ解消のツボをお伝えします。
その1: 三陰交(さんいんこう)
内くるぶしから指4本(人差し指〜小指まで)分上の骨の後ろ。触ると凹みを感じられることもあります。この場所を痛気持ち良いくらいの強さで押してください。
==============================================================
その2: 陰陵泉(いんりょうせん)
上記の三陰交からそのまま骨の後ろ沿いに膝の方まで指を滑らせていきましょう。指が止まる場所、膝下くらいの高さで骨のカーブにぶつかるところがあると思います。そこが陰陵泉です。むくみが強い人はなかなか痛いと思います。
==============================================================
この2箇所を押してあげるだけでもダルさはかなり改善されると思います。朝出掛ける前やお昼休み、寝る前等いつでも手軽に取り入れてみてください。
それでも解消されない時は全身マッサージをして循環を良くしてあげたり、上記のツボに置き鍼をしてあげたりするのがオススメです。
*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃気圧の変化による体調不良。。石住先生のコラム

2021.06.01 | Category: ヘッドスパ,ボディケア,季節,美容鍼

こんいちは。6月スタートしました!よろしくお願いします。

季節の変わり目に体調不良を起こすことを最近「気象病」と呼ぶようになりました。

原因としては、自律神経の失調です。

自律神経は常に身体を正常に保つために、血管から内臓まで調節を行います。その際、外界からの過度な変化に対応しきれず過剰に自律神経が働くことで、さまざまな不調を引き起こします。

特に多いのが頭痛です。

 

一つは、今の時期だと汗をかかず水分を体内に留めてしまうので、血管が拡張して神経を圧迫させてしまい痛みを引き起こすことが多い「偏頭痛」

もう一つは、長時間同じ姿勢でいることで筋肉が固まり血行不良を起こし、筋肉内に疲労物質が溜まることで周りの神経に圧がかかって起こる「緊張型頭痛」

 

マッサージで改善が見込まれるのは、「緊張型頭痛」の方です。

筋肉をほぐして血流を改善することで和らいでいきます。

偏頭痛の場合は、一度血管を収縮させなければならないので、冷やすかコーヒーなどでカフェインを摂取するのが得策だと思います。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*

当店のメニューでは、60分のマッサージやヘッドマッサージを推奨します。

*★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*----*★* *★*----*★**★*
【初回来院でグーグル口コミすると10%OFF】

☆毎月店頭にてプレミアムチケット発行中!!

☆SNSのフォローもよろしくお願いします!

Facebook/@bikotsu

Instagram/@kizuna_beauty

Twitter/@kizuna_nihon

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

🍃デスクワーカーのお悩みナンバーワンの肩こり。。山田先生のコラム

2021.05.07 | Category: ボディケア,施術

こんにちは。山田でございます。

今回は肩こりに関係している姿勢のまき肩に非常に関係が深い小胸筋の説明をさせていただきます。

胸の筋肉として有名なのが大胸筋ですね。人間の胸部を全体的に覆っていて胸板の厚い人がピクピクさせるあの筋肉です。対して小胸筋はその名の通り小さい筋肉です。しかも大胸筋に隠れているインナーマッスルなので表面から視認することはできません。

これが小胸筋と大胸筋です。小胸筋は肋骨(第3~第5)と肩甲骨(烏口突起)に付いているのが見て取れると思います。働きとしては肩甲骨の外側を下に引く←これが猫背に関係します。同時に肋骨を引き上げる←肋骨を引き上げる動作は吸気に関係してきます。

つまり小胸筋が硬くなるとまき肩になり、息が吸いにくくなるということです。なにも良いことはないですね。

さらに神経や動脈の通り道でもあるので硬くなりそれらを圧迫しはじめるとしびれたり冷たくなったりだるさがでたりします。(胸郭出口症候群)

洗濯物を干すときや電車のつり革を掴んでいるときなどの手を上に挙げている状態の維持が難しくなります。上に挙げていると腕がしびれたりだるさがでてきて挙げていられなくなります。

簡単なテストとしては腕を外に開いて手をグーパーと開いたり閉じたりする動作を3分間(ルーステスト)できれば一応問題ないです。逆に3分できない場合は重症です。

 

セルフケアとしてはストレッチもおすすめですが、テニスボールでぐりぐり刺激するのもオススメです!

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020