MENU TEL

Blog記事一覧 > 治療 > 深層筋へのアプローチ☆

深層筋へのアプローチ☆

2017.11.13 | Category: 治療

みなさんこんにちは(^^)

週末は満喫できましたか?

 

今週からだいぶ冷え込むみたいなので、体調管理しっかりとしてくださいね☆

 

寒くなり、気温が下がると筋肉も硬くなりお身体にも影響が出ますよね・・

肩や背中同様、お尻の筋肉もその一つです!

 

お尻の筋肉が硬くなると、お身体にさまざまな影響を及ぼします。

固くなったお尻を柔らかくするコツは中殿筋(ちゅうでんきん)をしっかりとマッサージすること。

大きな筋肉なので拇指ではなかなか圧がかかりにくいため、肘でしっかりと圧をかけるのが効果的です。

 

 

お尻の筋肉は腰の筋肉同様に大きく、殿筋群(でんきんぐん)と呼ばれ、大小の数多い筋肉が集まっています。

肘でしっかりと圧をかけることにより殿筋群が緩み、圧が筋肉の深部までしっかりと届くようになります。

実はお尻の筋肉と腰痛は非常に大きな関りがあるのです。

 

お尻の筋肉はほとんど骨盤に付着していて、その筋肉が硬くなると骨盤や股関節に負担が掛かります。

さらに、腰の筋肉は骨盤と股関節周りに筋肉の停止部(筋肉の付き終わりの部分)が集中しており、

骨盤が歪み、股関節の可動域が狭まることでコリ硬まります。

 

ヘルニアや狭窄症等の特殊な例を除けば、腰痛を訴える人のほとんどのお尻は硬くなっていますね・・・

 

 

中殿筋をほぐすことでお尻の筋肉を効率よくほぐすことが出来ますが、

実は、中殿筋をしっかりとほぐすコツがあります。

それは、小殿筋を狙ってアプローチすること。

 

小殿筋とは中殿筋の深層に位置する筋肉で、その筋肉の作用(太ももを内側に回旋する働き)

は中殿筋とほとんど変わりません。

お尻の筋肉は分厚い脂肪に覆われており、筋肉が大きくて強い為ので圧を届かせることは容易ではありません。

 

中殿筋はお尻の筋肉の中でも、かなり大きくて強靭な筋肉なので肘でしっかりと押す必要があります。

お尻が硬くなると骨盤と股関節の動きが悪くなり腰の筋肉が負担が掛かる。

お尻の筋肉を柔らかくしておくことが腰痛を治し予防する為には必要とゆうことですね(^^)

みなさんのお尻は硬くなっていませんか?

 

硬いな~と思う方は是非kizunaにご相談くださいね☆

 

比較的予約の空きに余裕があるのでエキテンよりご確認ただくか、

直接お電話にてご確認ください☆

 

尚、エキテンよりのご予約でご希望のお時間に空きがない場合でも

営業時間内に直接お電話いただけると急なキャンセルや、

時間変更される方などがいるためご予約がお取りいただけます。

 

ご予約・お問い合わせお待ちしております(^^)

 

 

当院へのアクセス情報

日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院

所在地〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building2F
電話番号03-3272-2020
駐車場近隣にコインパーキングがあります
休診日日・祝祭日