MENU TEL

Blog記事一覧 > 季節 > 秋バテ2☆

秋バテ2☆

2017.10.03 | Category: 季節

こんにちは~(^^)

10月になりましたね!秋本番☆

来週また連休が控えていますが、週末までは天気がはっきりしないみたいですね!

連休中は天気がいいみたいなので、紅葉・読書・食欲・スポーツと、秋らしい連休を

送れそうですね(^^)

そんなこの時期は、お身体やお顔に、夏の疲れがどっと出てくる時期なのです!

お顔は強い陽射しや紫外線で肌は強ダメージを受けております(>_<)

お身体も以前にもお伝えしましたが夏バテならぬ秋バテ!

夏の間に疲れがたまり、過ごしやすい秋になっても、

身体のだるさや疲労感など、不調を感じることをいいます。

秋バテの特徴として3つのタイプがあります!

☆胃腸の疲れからくるもの

もともと身体が丈夫な体力がある人に多いタイプ。

冷たいものを一気に飲んだり、とり過ぎたりといった、胃腸に負担のかかる摂食行動が主な原因。

食欲不振、胃もたれ、便秘や下痢など胃腸に疲れがあらわれます。

冷たい飲みものを飲むと一時的な快感になりますが、身体を体内から冷やしてしまいます。

特に氷の入った冷たい飲みものは比較的少なめにするなど気を付けましょう。

食事はショウガや山椒等を上手にとり入れて、身体を体内から温めるようにするといいでしょう。

☆エアコンによる冷え過ぎからくるもの

エアコンの効いた室内で過ごす時間が長い人に多い。

エアコンによる冷えと屋内外の温度差が原因で、冷えや疲れがとれないなどの秋バテ症状を感じるタイプ。

電車移動時や冷房の効いた職場や店で過ごすときは、冷気から身を守るようにしましょう。

パンツスタイルや靴下を履いて指先から足もとの冷えを防ぎ、薄手の上着やストールなどの羽織れるものを持ち歩き

いつでも体温調節ができるようにしましょう。

☆暑さによって疲れたタイプ

もともとあまり体力がなくて胃腸が弱い人に多いタイプ。

ジメジメした梅雨ごろから身体がだるくなり、夏から秋にかけてずっと不調が続くのが特徴。

まずは睡眠をしっかりとり、疲れをためないこと。

睡眠前にホットアイマスクや蒸しタオルを活用し、睡眠の質を高めることが必要!

秋バテ対策には!

ふだんはシャワーだけで済ませる人も、湯船に入って疲れをとりましょう。

理想的な入浴は、38~40℃のお湯に10分程度つかること。

身体を洗ってからまた湯船に入るなど、分割しながらトータルで約10分間お湯に入るだけでも、疲労回復につながります。

また、炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、末梢の血管を拡張して血めぐりがよくなるため

さらに低い温度(36~38℃程度)でも疲労を軽減できます

さらに、消化機能によいとされるショウガは、加熱することで身体を温める成分“ショウガオール”がアップ。

また、山椒も胃腸の働きを助けるので、「胃腸疲れ」タイプの人にはとくにおすすめ。

やはりあとはマッサージも効果的☆

特に第2の心臓といわれるふくらはぎを鍛え、全身の血めぐりをよくするためのポンプ機能がアップ♪

連休前にkizumaの全身マッサージでお身体リセットしませんか?

本日もまだまだ予約に空きありますよ♪

本日の空き状況☆

14:00~ 14:30~ 15:30~ 16:00~ 16:30~

17:00~ 17:30~ 18:30~ 19:00~ 19:30~

となっております☆

尚、エキテンよりのご予約でご希望のお時間に空きがない場合でも

営業時間内に直接お電話いただけると急なキャンセルや、時間変更される方などがいるためご予約がお取りいただけます。

ご予約・お問い合わせお待ちしておりますm(__)m

当院へのアクセス情報

日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院

所在地〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building2F
電話番号03-3272-2020
駐車場近隣にコインパーキングがあります
休診日日・祝祭日