MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 脱!脱水症状!!!

脱!脱水症状!!!

2015.06.15 | Category: 未分類

皆様こんにちはsmiley

先日の日曜日、江東区にある「東京都水の科学館」へ行ってきました。蛇口をひねると普通に出てくる水。その水が、どこで生まれ、どこを流れ、私達の生活に役立っているのか?水の大切さや不思議さを科学の視点で紹介し興味を深めるミュージアムです。子供だけでなく、大人も楽しめる施設でした。是非、行ってみて下さいyes

1水


閑話休題

だんだん暑くなってきましたね❗夏は水分補給大事ですよね?

水を飲むことはデトックスにつながりますし、血液もさらさらになり、血の循環もよくなり、結果代謝も上がって、ダイエットの効果が期待できます。食物繊維も水を含んで流れやすくなるために腸内環境も整ってお通じもよくなるんです。しかしこれは「適度な摂取」の場合であって、水も飲みすぎは危険なのだそうです。
2水
ダイエットなどに適した水はあくまで常温のものであり、冷蔵庫で冷やした水は逆に代謝を低めてしまいます。また常温の水でも過剰に飲み続け、体重の70%を占めるという水の割合が崩れてしまうと、細胞も水分を多量に含んで体がむくんでしまい、ナトリウムイオン濃度も下がってしまいます。ちなみにナトリウムイオン濃度とは塩分濃度とほぼ同じ意味であり、低下すると
・軽い疲労感を感じる
・頭痛や嘔吐の症状
・精神が不安定に、神経が過敏になり注意力が散漫になる
・けいれんや昏睡の症状・呼吸困難に陥り、死んでしまう

塩分と糖分を迅速に補給することが何より重要となってきます

摂取量は1日あたり1.5〜2リットル程度にしておき、水は冷やさずに常温で飲むように心がけましょう。夏期は特に塩分や糖分も十分に摂取するようにしましょう。トイレも我慢せず、尿を体から排出することも大事ですcrying

ということで、「水」は人間にとって重要ではありますがくれぐれも飲みすぎには気をつけてくださいねlaugh

当院へのアクセス情報

日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院

所在地〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building2F
電話番号03-3272-2020
駐車場近隣にコインパーキングがあります
休診日日・祝祭日