MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > バレンタイン

バレンタイン

2015.02.12 | Category: 未分類

今週の土曜日はバレンタインデーですねヾ(゚д゚)ノ゛

バレンタイン

今は昔と違い本命と義理チョコだけでなく様々な渡し方があるみたいですね・・・(以下、ウィキペディアより引用)

ー引用ー
「"バレンタインデー"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。

日本では、女性が男性に愛情の告白として、本命チョコを贈る習慣がある。

西欧米国でも、恋人やお世話になった人にチョコレートを贈ることはあるが、決してチョコレートに限定されているわけではなく、またバレンタインデーに限ったことでもない。女性から男性へ贈るのがほとんどという点と、贈る物の多くがチョコレートに限定されているという点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴である。しかし最近では、本命チョコにこだわらず、クッキーケーキ、ネクタイや下着、マフラーなどを贈る人もいる。また、「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョコ」、同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」というものもみられる。

「日本型バレンタインデー」の特徴を整理すると、以下の3点となる[14]

  • 贈答品にチョコレートが重視される点
  • 女性から男性へ一方通行的贈答である点
  • (女性の)愛情表明の機会だと認識されている点

このほか、職場における贈答習慣が強い点[† 3]や、キリスト教との直接的関連はほとんど意識されていない点[† 4]も日本型バレンタインデーの特徴である。

なぜ、日本ではチョコレートを渡すのでしょうね???(以下、ウィキペディアより引用)

ー引用ー
「"タイトル"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。

起源と紆余曲折[編集]

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史の起源については、以下のようなものがあるが、判然としていない。

神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説
東京で発行されていた英字新聞ザ・ジャパン・アドバタイザー1936年2月12日付けに同社が広告を掲載したことを重視するものである。「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告であった[† 5]。確認されている最も古い“バレンタインデーにはチョコを”の広告である。
なお、モロゾフの本店があった最寄り駅の阪神御影駅南側の広場は2013年に「バレンタイン広場」として整備されており、聖バレンタインゆかりの地とされるテルニ市からの「お墨付き」を得ている。
メリーチョコレートカムパニー & 伊勢丹
同社が1958年2月に伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったことを重視する説である。
森永製菓説、伊勢丹説
1960年より森永製菓が「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出し、さらに伊勢丹が1965年にバレンタインデーのフェアを開催し、これがバレンタインデー普及の契機となったとする説がある[15]
しかし、「バレンタインデー」の文字がある広告が、1956年西武百貨店松屋の新聞広告や、1959年松坂屋の新聞広告にも掲載されており、デパート業界では伊勢丹が最初というわけではない。
ソニープラザ
ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店ソニープラザがチョコレートを贈ることを流行させようと試みたことをもって「日本のバレンタインデーはうちが作った」としている[16]

ただいずれにしても、すぐに大きな反響があったわけではなく、商品もあまり売れなかったようである[† 6]。各種の説があるが、バレンタインデーが日本社会に普及したあとに、自社宣伝のために主張されたために誇張も含まれると思われる。

総じて昭和30年代には、「バレンタインデーの贈答品はチョコレート」とする意識はまだなかった。当時のバレンタインデーの新聞広告によると、購入を勧める贈答品にチョコレートは登場しなかった。森永製菓の広告ですら、チョコレートは贈答品のおまけとして位置付けられていた。バレンタインデーの起源の一つとされる1960年の森永製菓の新聞広告には、「チョコレートを贈る日」ではなく、「チョコレートを添えて(手紙などを)贈る日」として書かれていた。バレンタインデーに贈答品を贈るのは誰かという点でも女性に限定されていなかった。ただ「愛の日」という点は強調されていた。それはつまり夫婦の日であって、当時の社会通念に照らせば結婚を前提にしない恋愛と未婚の未成年者は想定外であった。しかしそのような製造販売業者の思惑が続くあいだは、売り上げは大きく伸びなかった。

皆さん、良いバレンタインをlaughenlightened

当院へのアクセス情報

日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院

所在地〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building2F
電話番号03-3272-2020
駐車場近隣にコインパーキングがあります
休診日日・祝祭日