TEL

⛄足の裏が平らになっているイメージ。。。「扁平足」 | 美骨 美ボディ 美フォルム 日本橋 KIZUNA鍼灸整骨院|東京駅・中央区・日本橋駅・八重洲

診療時間

Blog記事一覧

⛄足の裏が平らになっているイメージ。。。「扁平足」

2021.02.25 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。

今回は、扁平足についてご説明します。

 

扁平足については皆さん足の裏が平らになっているイメージはあると思います。

今回はもう一歩踏み込んで少し詳しい知識を身につけましょう。

足の裏には3つのアーチがあります。内・外側の縦のアーチと横のアーチです。このうちの内側の縦アーチがなくなり立っているときに足の裏全体が地面についている状態を扁平足と呼びます。子供の時は足の靭帯がゆるいので立っているときは土踏まずが潰れていて寝ているときは土踏まずが出てくることが結構あります。この場合は成長とともに偏平足は消えていくことが多いです。

大人の偏平足は元々あった土踏まずが消失し足関節の変形が見られ内くるぶしの辺りに痛みが出たりします。子供の偏平足と違い足の筋力不足から起こります。

後脛骨筋という筋肉の筋力低下が偏平足に強く関係しているといわれています。この筋肉が年齢とともに低下して偏平足が始まってしまうと足が外側に変形し後ろから見ると足首がくの字型に曲がっている様子が見られます。このような変形があると内側にかかるストレスが高まるので内くるぶしから親指の方にかけて痛む場所が出てきます。

また、扁平足の方は外反母趾になりやすく腰痛のリスクも上がるので予防と早めの対応が大切です。

椅子に座った状態でタオルを指で引き寄せたり、タオルを指でつまんだまま左右に動かすトレーニングをしていただきたいです。トレーニングが終わったらゴルフボールを足の裏で転がしてセルフマッサージもいいです。

**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*

当店では。

後脛骨筋だけでなく足の筋肉全体を動かせる状態にボディマッサージ+温熱術 45分がおすすめです。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

⛄「美容鍼」の内出血が起きてしまうのか?

2021.02.19 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,小顔効果,美容鍼

こんにちは。谷田貝です。
美容鍼を受ける際にみなさんの気がかりになる事の1つが内出血かと思います。
現在より美しくなりたいという思いから美容鍼を受けるのに内出血が起きてしまっては残念な気持ちになってしまいますよね。
また、内出血は消えないや、跡になると不安を感じている方もいるかと思います。
~今回は内出血がなぜ起きてしまうのかを見ていきましょう。~
鍼を刺すということは体内に鍼という異物が入ることになります。太い血管や丈夫な血管は鍼を避けることができます。しかし、弱った血管や毛細血管は避けきれず傷ついてしまう場合があります。この傷からの出血が皮下に溜まった状態が内出血です。
お顔には毛細血管がたくさんあるので内出血が起こりやすいのもご理解頂けるかと思います。
起きてしまったら治らないの?と聞かれることがありますが、内出血は治ります。ただ、出てしまった血液が体内に回収されていくのを待たなくてはならないので、消えるまでには1週間〜10日くらいはかかってしまいます。
~悪いイメージがある内出血ですが、実は良いことろもあります。~
■身体に溜まってた悪いものを外に排出する
■内出血した場所の活性、血流改善
これらがあげられます。
もし内出血が起きてしまっても悪いものが出てより良くなると思ってください。
もちろん当院では、なるべく起きないよう注意をしています。
内出血に限らず何か不安や疑問がありましたら御気軽にご相談ください。
******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄PMSって何?

2021.02.15 | Category: ボディケア,施術,美容鍼

こんにちは。矢吹です。

今回は月経前症候群(PMS)についてご説明します。
PMSは月経前の3~10日前に起こり月経開始とともに消える身体的・精神的症状をまとめたものです。20代30代に多く、8割の女性が体験したことがあるようです。
原因ははっきりとは分かっていませんが、ホルモンの影響や神経伝達物質の影響が強いとされています。
身体的な症状としては下腹痛、腰痛、頭痛、関節痛などの痛みの症状や食欲が旺盛になったり便秘、下痢などの消化器症状、肌荒れ、ニキビ、不眠、めまい、むくみ等々の様々な症状が現れます。
精神的な症状は気分が落ち込む、無気力感、孤独感、疲れやすさなどのうつ症状や判断力集中力の低下、攻撃的な気分、涙もろいなど精神的な症状も様々な症状が現れます。
これらの症状は単独で現れることが珍しくほとんどの方が複数の症状に悩まされています。
さらにストレス、免疫力の低下、体力の低下、飲酒、喫煙などで症状が重くなりますから生活のリズムを保つことは非常に大切です。
軽い有酸素運動(ウォーキング、ヨガなど)やストレッチ、半身浴をすると症状が軽くなるので習慣化できるといいです。
カフェインは症状を悪化させるのでなるべく控えましょう。
ビタミンやミネラルの摂取が推奨されているのでマグネシウム、カルシウム、ビタミンB6は積極的に取りましょう。
◇マグネシウム: アーモンドをはじめとする種実類、魚介類、藻類、野菜類、豆類
◇カルシウム:牛乳、小魚、海藻類、大豆、大豆製品、緑黄色野菜
◇ビタミンB6:かつお、マグロなどの魚類、レバー、バナナ
**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*
当院では。
辛いPMSの症状を緩和して体質から変えていく鍼灸治療がおすすめです。
******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄花粉症でのお悩みに。。「鍼治療は効果的!」 

2021.02.12 | Category: 季節,施術,美容鍼

こんにちは。谷田貝です。

そろそろ花粉に悩まされる時期になってきましたね。花粉症対策はお済みでしょうか?
今回は花粉症に効くツボをご紹介します。
〜鼻が詰まって辛くなった時の解消ツボ〜
小鼻の横にあるツボ:迎香(げいこう)
眉間の中央:印堂(いんどう)
この2箇所は鼻の詰まりをすぐに解消してくれる万能なツボです。
痛すぎない程度に押してあげることで鼻の通りが良くなってきます。顔は繊細なので強くやりすぎないように注意してください。
補足ですが・・・
目頭の辺り: 睛明(せいめい)
小鼻の付け根辺り:天迎香(てんげいこう)
これらも効果があります。
〜置き鍼でお手軽対策〜
親指の付け根辺り: 合谷 (ごうこく)
肘の内側: 尺沢 (しゃくたく)
これらに置き鍼をするのもオススメです!
貼っておくだけでいいのでお手軽にできます。
※効果は個人差あります。
**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*
当院では、今年は昨年より少しでも快適に過ごせるように、マッサージや鍼灸治療にプラスして花粉症対策、いかがでしょうか?
☆鍼灸&美整体 60分
******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄夜中に、朝方に、運動中に・・・と、足がつる!?

2021.02.09 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,ボディケア,施術

こんにちは。

今回は足がつる原因についてご説明します。
夜中に、朝方に、運動中に・・・と、足がつってしまった経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか
突然ふくらはぎが痛くなる瞬間にいったい何が起こっているのでしょう。
主に足の筋肉で起こるのですが、けいれんして強く収縮している状態です。
では、何故筋肉がけいれんし収縮してしまうのか。原因は?
実のところ原因自体ははっきりとは分かっていません!
なので原因として有力なものをあげていきます。
1.筋肉の疲労・冷え、むくみ 血行不良、循環が悪い状態
2.脱水 寝ている間も汗をかいているので気づかないうちに脱水状態になっている
3.ミネラル不足 筋肉が動くにはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが必要
4.筋力低下 年々つりやすくなっている方は足がつる原因の有力候補です
**1~4の対策としては**
1.筋肉の疲労 運動したりよく歩いたり足を使った日はアキレス腱伸ばしをしたりケアをしてから寝る
2.冷え、むくみ とにかく冷やさない。有酸素運動を行って血行回復
3.脱水 寝る前に一杯水を飲んでから寝る
4.ミネラル不足 特に夏場は汗と一緒に体から出て行ってしまうのでしっかりと摂取
5.筋力の低下 スクワット、タオルギャザー(足の指でタオルを引き寄せるトレーニング)などのトレーニングで筋力維持
**----** **----****----** **----***★*----*★* *★*
当店では、
美整体+温熱術 45分コース

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

⛄緊張型頭痛って何?

2021.02.05 | Category: ボディケア,施術

こんにちは。

頭痛があって病院に行き色々な検査をして緊張型頭痛と言われた方いらっしゃいました。

緊張型頭痛と言われてもどういう状態なのか?

まず、安心していただきたいのが病院で緊張型頭痛と診断されたのであれば脳の血管などの問題は排除できるところです。

次に何が原因で頭痛が起きているかなのですが、緊張型と言うからには緊張しているものがあるわけなんです。それは筋肉と精神です。

筋肉の緊張は長時間の同一姿勢や姿勢の悪化。デスクワークやスマホの操作などで筋肉がこってしまった状態です。

精神の緊張はストレス。不安やうつなどでは痛みを感じやすい状態になっています。

首から背中にかけてこってるなと感じている。ストレスで疲労を感じている方で頭を締め付けられるような頭痛を感じている場合は緊張型頭痛の可能性が高いです。

緊張型頭痛は反復性と慢性緊張型に分けられます。

 

「反復型は時々痛みが出るタイプ」

反復型は筋肉の緊張から血行不良が起こり痛みを出していると考えられています。

 

「慢性緊張型はほぼ毎日痛みが出るタイプ」

慢性緊張型頭痛は更にストレスにより脳が痛みを感じる・作り出しているのではないかと言われています。

 

◇日常での対策法では◇

① 血行を良くするために入浴すること

② 定期的なマッサージなど受けること

③ 軽い運動や体操をこまめに行うこと

**----** **----****----** **----**

当店では。

②のお手伝いをさせていただきます!

首のまわりの筋肉をほぐすだけでなく頭の筋肉も一緒にほぐして効果を高める

ヘッド&ボディマッサージ 60分やロングコースで身体全体をゆっくりほぐす90分があります。

******************************************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

 

⛄冬のスノーボード股関節の痛み

2021.01.25 | Category: ボディケア,季節

こんにちは。

冬のスノーボードは、ボードを掴むのに足の筋肉をめちゃくちゃ使います。

重心を変えて身体を支えたり、瞬発的に力を入れたりととてもハードな運動ですよね。

そこで特に負担が大きいのが股関節周りの筋肉です!

常にバランスを保つ為に、軽く股関節が曲がって中腰に似たような体勢なので、かなりももの筋肉使ってます。

 

◀▶股関節周りが痛む場合◀▶

前のももの筋肉が収縮(短く)して固まっている。

おしりの筋肉も固まって骨盤をロックしている。

前のももの筋肉が通常よりも短い状態なので、股関節を曲げようとしてもそれ以上収縮(短く)できないので、痛みや詰まりを感じるのです。

**----** **----****----** **----**

当店での改善法は、、

まず、前、後ろのももの筋肉をストレッチして伸ばします。

基本的に筋肉が硬い場合は温めて筋膜をほぐしてからストレッチをしていきます。

そして前だけでなく、後ろの筋肉も身体を支える為に収縮(短く)してますから、前後ろともに伸ばします。

温めも筋膜の弛みも、鍼とお灸で改善も良いんではないでしょうか。

☆全身美整体&マッサージ 60分

はりきゅう+ボディマッサージ 60分

*********************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

食いしばりから起こる…「肩こり」

2021.01.20 | Category: ボディケア,施術

こんにちは。

今日は突然ですが、リラックスした状態の時に。

歯が嚙み合わさっている?

歯と歯が触れ合っていない?

正解は。。

歯と歯が触れ合っていない!

どういう事?

脱力、リラックスしている時は離れているのが通常なのです。

合わさっていると顎の筋肉が固まってしまってる場合があります。

その筋肉が固まっていると、今度は首の筋肉を引っ張って硬くしていきます。

すると首には肩や腕の筋肉を動かすための神経がたくさん存在していますので、

その神経を圧迫してしまうと、電気信号が通りにくくなり、十分に筋肉を動かすことができなくなって「肩こり」になってきます。

 

▷食いしばりの原因は何か?◁

ストレス。

片方だけで食べ物を食べる。

ストレスを解消する為。

食いしばりとストレスは切っても切れない関係ですね。

しかし、今あるストレスを解消する為に食いしばりが起こるのはなぜでしょう。

それは唾液腺から唾液を分泌させるためだと考えています。

ご飯を食べている時はリラックスしてる状態なので、それに似た環境を無意識に作っているのではないかと思います。

 

◇対策法としては◇

咬筋と言う顎の筋肉をマッサージ。

② ストレスを発散できる何かをする。

舌の広い面を上顎にくっつける。

常にグーッと硬くしているので、とにかく歯を合わせずに夢中になれることをするのが、食いしばりの進行を早めなくて良いと思います。

**----** **----****----** **----**

当院では。。

鍼と電気を使って、ガチガチに固まった顎の筋肉をアプローチします。

鍼が苦手だったり、嫌な方は超音波という機械も使用してアプローチできます。

長年悩んでいる肩こりも顎の筋肉が原因かもしれません。

一度、ご相談ください。

美容鍼 60分 7500円

☆フェイシャルビューピー 30分 4800円

*********************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

「疲れ目」はなぜ。。ベッドマッサージで改善!

2021.01.18 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,施術

こんにちは。

今回は、疲れ目について説明します。

最近、「目がかすむ」「見にくい」「しょぼしょぼする」など、目が疲れるという患者さんが多くご来院します。

目の動きに関わる筋肉は、大きく分けて6つの筋肉からなっています。

目のレンズの調節こそが、疲労につながり、特に近くのものを見るときは、筋疲労がより強くなります。

よって、目を開けている間は常に活動しているということになります。

睡眠状態によっては、寝ている間も目が動いていることもあり、テレビなど映像が動く明るさなど変動することでも大きな影響があります。

読書も小さい文字に焦点を当てて読み続けるため疲れ目の原因になります。

 

◇◆疲れ目の原因のまとめ◇◆

冷暖房による空気の乾燥(冬場は、特に多くなります)

テレビ、パソコン、携帯電話など、近くのものばかりを見ている

暗いところで目を使う

 

☆改善策はこちら☆

1、冷暖房器の風量を弱めにする

2、テレビは、できる限り離れて観る

3、パソコンは、ブルーライトカットのメガネやモニターカバーを利用

4、目をホットタオルなどで温める

5、なるべく遠くを見て、筋肉を休ませる

目の筋肉は、遠くを見ることで休ませる効果を得られるので、目の疲れを感じたときは、是非、遠いところを見るように心がけましょう。

**----** **----****----** **----**

店では。。

頭から首、目のまわりの筋肉をゆるめるヘッドマッサージがオススメです。

美容鍼と組み合わせるのも良いと思います。

ツボを刺激すると同時にお肌のアンチエイジングにもなります。

☆ヘッドマッサージ 30分 3,600円

☆美容鍼 60分 7500円

*********************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020

冷えに悩まされる方へ。。「鍼治療が◎」

2021.01.13 | Category: KIZUNA鍼灸整骨院,季節,施術,美容鍼

こんにちは。石住です。

最近本格的に冷え込んできましたね。
寒さが増してくると手先、足先等の冷えが辛くなり、なかなか解消できないですよね。
中には年中冷えに悩まされる方もいるかと思います。

冷えがあると、夜寝つきにくい、寒くて動くのがツラい、むくんで身体が重いといった症状がでてきます。また、凝りや免疫力の低下にも繋がってきます。

~冷えの原因~
◎ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ
◎肩こり、腰痛等で血液循環が悪い
◎運動不足による筋力の低下

☆改善策と取り組み☆
1、規則正しい生活を心がける
2、身体を温める食事
3、適度な運動
4、湯船に浸かる

自律神経を整えるって?
仕事もあるし生活を変えるのは難しい
自力で運動するのはちょっと…
という方が多いのではないかと思います。

そんな方にオススメなのが鍼灸治療です。
鍼には自律神経を整える作用があります。また、凝り固まった筋肉を緩める事もできます。
鍼は怖いなという方にはお灸もオススメです。冷えたところを直接温めることができ、温熱効果で凝り固まった筋肉を緩めていく事もできます。もちろん両方併用することもできます。

気づいた時が改善時!
寒い冬を乗り越えられる身体をつくっていきましょう!

*********************

日本橋KIZUNA鍼灸整骨院

東京都中央区日本橋3-8-3 SAKURA building 3F

診療時間 10:00~14:00 15:00~20:00

定休日  日・祝日

電話番号 03-3272-2020